-セクシーフットボール-野洲高校サッカー部

野洲高校サッカー部

チーム紹介

第84回全国高校サッカー選手権大会(2015年度)を優勝した「セクシーフットボール」でお馴染みの強豪校です。滋賀県初の全国優勝を決めた決勝戦は高校サッカー史に残る見事なゴールで幕を閉じました。2016年度の第95回大会を最後に、全国の舞台からは遠ざかっていますが、復活を待ち望むファンは多い思われます。

沿革

昭和59年に創部されたサッカー部は、平成14年度に第81回全国高等学校サッカー選手権に初出場、平成17年度の第84回大会で、滋賀県初の全国制覇という結果を残しました。翌年には公立高校では初めての人工芝のサッカーグラウンドが完成しました。全国大会への出場を何度も果たし、全国からも注目される強豪校へと成長しました。

野洲高校HP

野洲スタイル

育成指針として次の3つを掲げています。

  1. 世界に通用する選手
    • 世界基準から逆算して現在を見つめ、世界に通用する選手になることを目指す
  2. クリエイティブなサッカー
    • 高い技術とアイデアを駆使した個人技の高いサッカーを目指す
  3. 魅力ある人
    • サッカーを通じ、自立した一人の人間として大きく成長することを目指す

所属選手の出身チームから見る今後の展望

過去、野洲高校サッカー部と言えば滋賀の名門クラブチームである「セゾンFC」の出身選手が多くを占めていましたが、近年はセゾンFCの割合が低下し、多様なクラブチームから選手が野洲の門を叩いている様です。また第84回全国高校サッカー選手権大会の優勝以降は、中学の所属チームが近隣府県や関東という選手も見られましたが、年々県内の割合が増加しており、今では9割以上を占めます。

今年の最上級生は下級生に比べ野洲高校らしい元「セゾンFC」の選手が多く所属しています。しかしこの年代の第3種(中学年代)は、MIOびわこ滋賀U-15が全国大会で、SAGAWA SHIGAが関西大会で躍動し、セゾンFCは思うような結果が残せなかった年代です。2年前の関西U-16Groienでは辛酸をなめ、エントリーリーグへの降格を経験していますが、そんな学年が最終年を迎える2022年、野洲プライドを持って下馬評を覆すような活躍を期待したいです。

高校概要

2025年に滋賀県で開催される国民スポーツ大会に向けた男子サッカーの強化拠点校に指定されており、滋賀県から強化活動費用の援助や、優秀な指導者の派遣、環境整備などの支援を受けています。

名称滋賀県立野洲高校
所在地滋賀県野洲市行畑二丁目9番1号
部員数選手100程度
主な成績
(最高成績)
全国高校総体出場 10回(第84回大会:優勝)
全国高校サッカー選手権大会出場 5回(平成16年度:ベスト8)
2022年度の成績全国高校総体滋賀県予選(ベスト16)
⾼円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2022滋賀 暫定5位(R4.9時点)
登竜門U-16リーグ 7位(グループ2)
キャッチフレーズNothing impossible!
チームカラーポゼッション
野洲高校サッカー部概要

進路

野洲高校のホームページからは詳しい進路実績が掲載されていませんが、多くの学生は就職を選択されるようです。しかし進学する生徒も一定数おり、関西圏の四年制大学をはじめ短期大学、専門大学に進学されています。また過去は、高校卒業後にプロへ進む選手もいましたが、最近は大学を経由してプロになる選手が多いです。

野洲高校出身のプロサッカー選手はこちら(wikipedia)を確認ください。

野洲高校サッカー部

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメントする

CAPTCHA